自動推定機能を備えたインターネット対応の囲いわな。鳥獣の頭数を自動検知し最適なタイミングで捕獲。稼働状態をメールでお知らせ、自宅のパソコンから制御できます。

獣害対策用野生動物捕獲システム「Web AI ゲート かぞえもん Air」

eb操作で捕獲効率UP!「ICT活用」捕獲支援システム

群れごと一気に自動捕獲

「WebAIゲートかぞえもんAir」は、人工知能を用いて群れで行動する野生動物を一度に多頭捕獲する新しい捕獲装置です。
捕まえたい頭数を設定すると、設定した頭数以上の獲物がわなに侵入した後、最適なタイミングで自動捕獲を実行します。
また、設定した頭数に満たない場合は捕獲しません。

たくさん入るまで待ってから捕獲!

捕獲の労力を軽減

昼間に餌づけとモニター(タブレット画面もしくはWeb画面)をチェックするだけ!
夜までシカやイノシシが出るのを待っている必要はありません。
夜間はかぞえもんが自動で監視を開始し、進入頭数を調べます。メールを使ったお知らせ機能もあります。

餌づけとタブレットのチェックだけでOK!
夜はセンサーが自動で入った頭数を監視します。

Webを使ってどこでも状況把握

かぞえもんAirから稼働状況を知らせるメールが届きます。
かぞえもんAirの動作設定や過去の稼働状況履歴もWebから確認できます。

※本製品は携帯電話およびスマートフォンの通信規格を使用しており、その通信範囲内で使用可能です。
なお、電波到達距離は環境や気象状況により異なりますので、設置の際はご注意ください。

使いやすい操作パネル

タッチパネル採用で、直感的に操作や設定ができます。

本体ボックスは防水ソケットを使用し、雨風からシステムを保護。